” 自然農 “とはShizen-Nou

” 自然な畑 “が取り組んでいるのは
「耕さず、草や虫を敵とせず、肥料や農薬を必要としない」自然農。
それは、自然の営みに沿うということです。

sh1sh2sh3

耕さない

慣行農業はもちろん、有機栽培など多くの農業では、栽培前に大地を耕して畝を毎回つくり直すことをしています。しかし、” 自然農 “では耕すことはありません。耕さなければ、地中の小動物や微生物や菌の住処の環境を壊すことなく、かれらの命の営みがめぐることで地球の表面が豊かになります。

ただし、農業である以上、下記のように土を移動せざるを得ない場合もあります。そのような場合もできるだけ土を移動しないよう、命の営みにダメージが少なくなるように気遣うようにしています。

  • 畝をたてたとき(一度つくると数年はそのまま使用できます)
  • 土を掘らないと収穫できないとき(ゴボウやイモ類、深ネギ等)

草や虫を敵としない

自然界ではそのときに必要な草が生え、虫が現れ、絶妙なバランスを保てるようになっています。その草が現れ、その虫が現れるのには理由があるはずです。ですから、無闇に草をとることなく、虫を殺すことはせず、極力自然に沿うようにしています。ただし、野菜が草に負けそうなときにはその足元の草を刈り取って生育の手助けをしてあげるようにしています。

肥料や農薬を必要としない

自然界には必要なものは過不足無くそろっています。ですから、その場所から持ち出すことがなければ、なにも持ち込む必要がありません。肥料にしても農薬にしても持ち込む必要はないのです。ですから、竹酢や木酢を含め農薬や除草剤は一切使用しません。肥料については基本的に施すことはありませんが、野菜は収穫して家庭に持ち帰ることになるので、土壌が豊になるまでは米ぬかや油粕、生ゴミを畑に返してあげることもあります。その場合も有機栽培などのようにドッサリ蒔いたりはせず、土の表面に薄く施す程度です。また、必要に迫られて刈り取った草もその場にそっと寝かせるようにしています。

*以上、川口由一氏の教えに沿って取り組んでおり、理解の範囲内で簡潔にまとめてみました

自然農の魅力

” 自然農 “は無農薬ということで単に安心安全な野菜をつくれるだけではありません。地球環境に悪影響を与える農薬や化学肥料・家畜堆肥などを使用しないため、地球に優しい農のあり方であり、未来の子供達に美しい地球を残してあげられる方法です。取り組んでいて決して後ろめたさの無い農的生活、それが” 自然農 “です。